大崎ペット斎場

大切なペットとのお別れ

TEL 0229-25-5648

仏花

秋冷日増しに厳しくなるこのごろですが、お健やかにお過ごしでしょうか。

本日は、仏花についてお話したいと思います。ユリ

当斎場の合同墓地に皆様がお持ちいただいた仏花がとても綺麗に飾られていますが、仏花とはどういう意味なのか、仏花を飾る場所や仏花に適している花や色などについて詳しくお話したいと思います。

仏花とは、仏壇やお墓にお供えをするお花の事を言います。花は、お香や灯籠などと共に、故人やご先祖様の霊を供養するための大切なお供えです。また、お供えした人の心を穏やかにしてくれます。

次に仏花を飾る場所についてです。仏花を飾る場所は、お墓の左右両脇や仏壇が一般的です。

次に、仏花に適している花や適さない花、そして適した色についてです。

仏花として、最も適しているお花が菊の花です。菊は種類も豊富で、一年を通じて用いられます。また、カーネーションやスプレーマムなどもよく使われています。菊やカーネーション、スプレーマムなどは年間を通して安定して生産されていて、そして水はけもとても良いので仏花に適しています。

また、仏花に適さないお花はツル状のものやとげがあるもの、香りが強いものや毒があるものです。バラやアザミ、彼岸花などが代表的なお花です。

次に仏花に適した色についてです。

お花の色は、四十九日までは白いお花を飾るのが一般的です。お墓や仏壇などに飾る花の色は、白・黄・紫・赤・ピンクの五色が基本の色です。3色の場合は、白・黄・紫です。

最後に仏花は、故人やご先祖様だけではなく私達の心にも安らぎと癒しを与えてくれるものです。ぜひ、素敵なお花を供えてこれからもペットちゃんの供養を行ってあげて下さい。

 

 

 

 

その他のお知らせ

Read More
Return Top